This site is still in testing stage. テスト表示中です。




Qajaq Frame
The image is the traditional Qajaq frame in Greenland. It has the skeleton like a marine animal. Each of the parts looks delicate, but their strength is increased by combine. Any nails and glue are not used in assembly. They are all assembled by "tenon set" or "lashing". This may be like a Japanese carpentry works in the past. In addition, there are no trees in Greenland. How did they get the long materials used for gunnels and others? They got the length by joinning short materials.

And about the hull cloth (Skinning), it is used a canvas fabric or ballistic nylon now, but the seal skin was used in the original. Anyhow, this shape and structure strongly touches my heartstrings. You can see the large size by clicking the image.

If you want to know the details of the real way of making, please refer to the following movies.

唐突ですが、自分のカヤックを作ってみたいと思ったことがありませんか? このサイトを見に来ているのですから、一度や二度はあるハズです(笑)。そんなあなたに朗報ーっ。
「小川原湖自然楽校」が材料の手配から完成、そして浸水…いやいや進水までサポートしてくれます。普段は青森県三沢市の小川原湖を拠点とし、自然の素晴らしさを子供たちに伝える活動しています。カヤックメイキングに関しては、代表の相馬隊長が親切丁寧にレクチャーしてくれます。宿泊についてもご心配なく。校庭ででテント泊(自炊可)可!また、近くに温泉と食堂があり、入浴&食事もできるので、気ままなキャンプ気分も味わえます!
ちなみに材料は「青森ヒバ」。水に強く、防虫効果もあり、フレームには最適と言ってもいいでしょう。そしてそして、青森ヒバ独特のとても良い香りが作業中のあなたを癒してくれます。
「ちょっと作業に行き詰ったな」と思ったら、気分転換にレンタルカヤックでパドリングやロールもOK! その他詳細は楽校へ直接コンタクトしてお尋ねください。 料金は下記の通り。

〇製作
製作期間目安:10日間
材料費・指導料:150,000円
※10日間以上かかる場合は、別途、指導料が5,000円/日かかります。
施設利用料:1,000円/日

〇宿泊・食事
テント泊・自炊可(テント・寝袋・自炊道具の貸出しOK)
近隣宿泊施設(素泊まり:3,200円/泊、2食付:5,400円/泊)
ブログチェック、よろしく~♪ Facebookも忘れずにー!
If you want to make your Qajaq, I would recommend you to contact "Ogawarako Natural School". It is located in Aomori Prefecture in northern Japan. You can camp at the school yard. Of course, there are some inns around there.
The material of the frame is the tree type "Aomori Hiba". It is best for Qajaq frame because it is excellent in water resistance. And you will be fascinated by its fragrance. And there is a lake near the school, so you can paddle at any time.
The prices are as follows. Seeing is believing. Please contact them now!

Qajaq materials and lecture : 150000yen (Around 10 days)
School facility usage fee : 1000yen/day
Please check their blog and Facebook.

Qaanniornermut ilitsersuut
This book is excellent. It is written in Greenlandic, Danish, English. Though they are not detailed explanation, there is no problem. That is because the illustrations and images posted there have excellent commentary skills. Actually, when I made my first Qajaq, this book became very useful. Since then, I recommend this book to my friends. An example of that page is posted below. It describes the beams and ribs mortice of the gunwale. It is a very simple portrayal, but as an explanation it's enough.
Unfortunately this book is out of print already. You can download the pdf file by clicking the image. Good luck for your Qajaq life. Oops, if you have some questions about how to make a Qajaq, please e-mail me anything anytime. I'll welcome you always. ;-)
カヤックメイキングの本は数あれど、ここにご紹介するのはもっともシンプルな一冊です。グリーンランド語、デンマーク語、英語で記載されています。説明文はどれも短く簡潔で、その代わりにイラストや画像が充分な解説を担っています。ガンネルのほぞ穴(ビーム用、リブ用)を解説しているページを一例として載せました。これまで作ってきたカヤックは、主にこの本を参照しています。そもそもグリーンランドにおけるカヤックの作り方は地域や家々の口伝で継承されてきました。設計図などありません。それを、やれガンネルは○○度だ、エンドピースは○○cm必要だとか、カッチリ固めようとする解説本が多い中で、この本はズバ抜けて自由です。ええ、いい加減っちゅうことですな(笑)。しかし、それが返って“良い加減”になり、本来のカヤックの構造から逸脱しない程度に発想や可能性を広げさせてくれます。よく「どう作ればいいんですか?」と質問を受けます。どうもこうも無いです。ガンネルとビーム、リブ、キール、チャイン、エンドピース…あー、あとなんでしたかな? とにかくカヤックを構成するパーツを作って組み合わせるだけ(笑)。上記、表紙の画像をクリックするとPDFをダウンロードできます。あとは材料とちょっとした工具を揃えればで着手できます。質問大歓迎。メールください。
TOP