Schedules
ここに「ワークショップ」「ロールクラス」そして「海外へ出向く予定」などをアップします。まだまだ滑り出しなので、リズムが掴めていませんが、おそらく夏場は「ロールクラス」、冬場は「ワークショップ」がメインになるかと思います。もちろん、リクエストにも柔軟に対応していくつもりですので、季節に限らず「回りたい!」「作りたい!」といったご要望があればお寄せください。新たなスケジュールが入り次第、順次更新していきますので、ご興味があれば頻繁にチェックしてみてください。もっと詳しく内容を知りたい、あるいは不明な点などあれば遠慮なくメールください。

Workshop
主にグリーンランドトラディショナルカヤックを制作するワークショップとなります。不特定期間でメンバーを固定して開催してます(現在は第二期&第三期メンバーがメインです)。STORM SHELTERでの開催となりますが、見学についてはコロナ禍が落ち着くまでご遠慮いただきたく存じます。メンバーには開催期日をお知らせし、ワークショップ終了後にブログFacebookに記事をアップします。何卒ご容赦くださいませ。
しかしながら、カヤックメイキングに関する質問はいつでもお受けしますので、ご遠慮なくコチラまでメールください。

1er Simpósio de Qajaq Artico
2012年3月、Qajaqの作り方をレクチャーしにアルゼンチンまで行ってきました。いま考えても「よく行ったよなぁ」と思います。まぁ距離の問題もありますが、英語圏じゃないところへレクチャーしに行くなんて狂気の沙汰もいいところです。言葉が通じない環境で、どうやってQajaqの作り方を教えたか? 詳しくはブログをお読みください。
https://g3-2nd.at.webry.info/201204/article_1.html
https://g3-2nd.at.webry.info/201204/article_2.html
https://g3-2nd.at.webry.info/201204/article_3.html
https://g3-2nd.at.webry.info/201204/article_4.html
https://g3-2nd.at.webry.info/201204/article_8.html
実は海外遠征としては前年2011年のSSTIKSの後ということで二回目になります。二回目にしていきなり、この距離・この日程・この環境と、ハードルが高かった分だけ自分にとってはとても濃い肥やしになりました。自惚れとは違いますが「何事もやってやれないことはない」という一つの指標ができたと思います。もちろん、主催者、スタッフ、参加者の方々の「Qajaqを作りたい!」という情熱も大きな支えになりました。また彼らとお会いしたいものです。

Roll Classes
グリーンランドロールは左右でカウントすると約70種類あります。ベーシックなものから難易度の高いものまで、ご希望に応じてレクチャーします。道具についても、スキンカヤック、ウォーターフィールド社製Qaanaaqシリーズ、グリーンランドパドル、チュイリック等をお貸しできます。コロナ禍でしばらく自粛しておりましたが、「マンツーマン」を基本に再開します。期日や道具についてはご相談に乗りますので、ご興味のある方はコチラまでメールください。STORM ONではグリーンランドロールをスポーツとは捉えません。あくまでも他国の文化として、極力「正しいロール」をお教えします。
ロールレクチャーの段取りです。まず、事前に習得したいロールを選んでいただきます。ロールの種類はここでチェックすることができます。次に、レクチャー当日、海に行く前にアニメーションを使ったイメージトレーニングを行います。習いたいロールについて、大まかな動きが把握できたところで、海へ移動し実地トレーニングを行います。

Abroad
9月:バンクーバー島
9月:イタキ島(ギリシャ)


コロナで二年ほどお休みしていた海外でのロールレクチャーを再開します。今年は二本のオファーが入っております。イタキ島(ギリシャ)とバンクーバー島です。どちらも9月の予定なので、ちょっとスケジュール的にハードですが、ギリギリまで調整を図りたいと思います。ともかく、無事に行くことが出来てミッションを遂行できたなら、ブログの方へ報告をアップします。
Storm Shelter
STORM SHELTERはSTORM ONの活動拠点です。ここで、ワークショップやロールクラス(海まで徒歩5分)を開催し、さらに教材用のアニメーションもここで作成しています。残念ながら週末(or 祝祭日)しかオープンしておりませんが、これからグリーンランドスタイルのカヤッキングを始めたい方、あるいはスキルアップしたいう方はぜひ一度足をお運びください。喜んでご協力させていただきます。 
編集続行中